• Main_zenkei
  • Main_irori
  • Main_img0045

自治体問合先

紋別市 産業部農政林務課森林認証担当

0158-24-2111

お問い合わせ先

 (株)北海民友新聞社内 三室番屋復活プロジェクト

TEL: 0158243278 FAX: 0158-23-2552

URL: http://www.minyu.ne.jp/www/

〒094-0013 紋別市南が丘町2丁目

三室番屋

 三室番屋とは、コムケ湖湖口に立つ鮭・鱒漁のための漁師の宿場として雄武町から移り住み鮭漁を生業として『三室二郎氏』によって昭和16年に建築された歴史的建造物(復元)です。漁業者の生活の場であり、荷揚げされたサケを塩蔵処理する作業場でもありました。
 この建物を紋別発展史の表徴として捉え市民の手によって守り続け、そして守るだけでなく先人の生活を実体験して今の生き方を考える視点をもつ学習の場として、また色々な宿泊・体験交流の場として使用してもらおうと「三室番屋復活プロジェクト」が活動しています。
見学や一昔前の生活体験、コムケ湖の自然観察などができます。詳細や予約は下記問い合わせ先へお願いいたします。

 ※コムケ湖は、紋別市街から湧別町寄りに約20km、オホーツク海に面した場所にあります。コムケは、アイヌ語で『曲がった』の意で、湖は細長く複雑な形をしていおり、オオハクチョウやオジロワシ、アオサギなど約200種類が飛来する野鳥の楽園です。海、湖、山が一望できる景勝地でもあり、秋にはサンゴソウがじゅうたんを敷き詰めたように真っ赤に広がります。

Separator